<< 「イチャずら」のおさわりマウスパッドが、2500円の単品で売られる | top | 海外の3D技術はどんどん進むよ! >>

充電池「エネループ」やべえ 最近の充電式電池を劇的に見直しました

エネループ 充電式電池
充電池なんて逆に高いんじゃないの?そう思っていた時期が私にもありました…。

21世紀だというのに、いまだに電池は必需品です。
テレビのリモコンやらマウスやら、意外と使います。
ただ最近は単三だと100均で8個入りのもあるので、そればかり買っていたのですが、予備の電池を探すのも使用済みの乾電池を捨てるのも面倒なので充電式の電池を買うことにしました。



正直エコロジーなんてどうでもいいので、エコノミーだけが気になるわけです。あとは電池の持ちですね。そんなわけでいろいろ調べていると「All About」で充電式電池の検証記事を見つけました。

比較!eneloop VS. ニッケル水素充電池 -All About
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20060418A/

結果だけを書くと、2ヶ月ほど電池を放置したニッケル水素充電池が使えなくなったのに対して、エネループは9割能力を維持。エネループの容量残存率は半年で90%、1年で85%だそうです。長持ち度やべえ。

個人的に電池を入れて使うものといえば、使用時に電源を入れるものばかりなので、これはまさに最適です。特に前にちらっといたお気に入りの鼻毛カッター(「最強の鼻毛カッター!」)が電池式なのでエネループを購入することに。

あ、ちなみに普通の電池ならば100均の電池もメーカーの純正品電池もほとんど変わらないというのも検証していました。参考までに。

どっちがお得?100円ショップ商品の実力を検証! 100円電池 VS メーカー電池
http://allabout.co.jp/family/yarikuri/closeup/CU20040416A/index.htm

充電器との単三4本充電池のセットは定価が5,250円で、実売価格は2000円程度のようです。価格.comで調べたところ、送料込最安値はamazonだったのでさっそく購入。レビューではいつの間にか3000円を切っていてお買い得!と書いてありますが、購入した時点では2000円も切っていました。レビューの評価も高いです。

で、結果。
今までなぜこれを使っていなかったんだ…。

長持ち度、煩わしさ、すべてにおいて100円均一の電池を超えました。大体、うちの地域では電池を出せるゴミの日も月1で、それまでどこかに置いてあるのも嫌だったんですよね。あと予備の電池をしまっておくのも場所を忘れたり、放電で使えなくなっていたり…。

そんなのが全部解消されました。

マウスやコントローラーなどのワイヤレスで電池使う人には、本当にオススメです。

SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1S

そんな感じです。
3deg | 小ネタ | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Comment









Trackback
URL:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-,2010/05/17 9:34 PM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS