充電池「エネループ」やべえ 最近の充電式電池を劇的に見直しました

エネループ 充電式電池
充電池なんて逆に高いんじゃないの?そう思っていた時期が私にもありました…。

21世紀だというのに、いまだに電池は必需品です。
テレビのリモコンやらマウスやら、意外と使います。
ただ最近は単三だと100均で8個入りのもあるので、そればかり買っていたのですが、予備の電池を探すのも使用済みの乾電池を捨てるのも面倒なので充電式の電池を買うことにしました。



正直エコロジーなんてどうでもいいので、エコノミーだけが気になるわけです。あとは電池の持ちですね。そんなわけでいろいろ調べていると「All About」で充電式電池の検証記事を見つけました。

比較!eneloop VS. ニッケル水素充電池 -All About
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20060418A/

結果だけを書くと、2ヶ月ほど電池を放置したニッケル水素充電池が使えなくなったのに対して、エネループは9割能力を維持。エネループの容量残存率は半年で90%、1年で85%だそうです。長持ち度やべえ。

個人的に電池を入れて使うものといえば、使用時に電源を入れるものばかりなので、これはまさに最適です。特に前にちらっといたお気に入りの鼻毛カッター(「最強の鼻毛カッター!」)が電池式なのでエネループを購入することに。

あ、ちなみに普通の電池ならば100均の電池もメーカーの純正品電池もほとんど変わらないというのも検証していました。参考までに。

どっちがお得?100円ショップ商品の実力を検証! 100円電池 VS メーカー電池
http://allabout.co.jp/family/yarikuri/closeup/CU20040416A/index.htm

充電器との単三4本充電池のセットは定価が5,250円で、実売価格は2000円程度のようです。価格.comで調べたところ、送料込最安値はamazonだったのでさっそく購入。レビューではいつの間にか3000円を切っていてお買い得!と書いてありますが、購入した時点では2000円も切っていました。レビューの評価も高いです。

で、結果。
今までなぜこれを使っていなかったんだ…。

長持ち度、煩わしさ、すべてにおいて100円均一の電池を超えました。大体、うちの地域では電池を出せるゴミの日も月1で、それまでどこかに置いてあるのも嫌だったんですよね。あと予備の電池をしまっておくのも場所を忘れたり、放電で使えなくなっていたり…。

そんなのが全部解消されました。

マウスやコントローラーなどのワイヤレスで電池使う人には、本当にオススメです。

SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1S

そんな感じです。
3deg | 小ネタ | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

「イチャずら」のおさわりマウスパッドが、2500円の単品で売られる

マウスパッド イチャずら いちゃずら
現在、公式通販サイトで単品2500円で売られています。

REALの公式サイトで、公式サイト予約特典だった「イチャずら+特製マウスパッド」のマウスパッドが、なんと2500円で単品販売されています。


マウスパッドだけ欲しかった人にはもちろん、他店舗などで購入して柚の可愛さにやられた人にも朗報です。

・・・もしかして在庫が余ったんでしょうか。

ただし単品価格は2500円で、合計金額が3000円未満の場合は
「北海道・九州・沖縄」で800円 その他の地域でも500円が別途必要となります。う、うーん。

BBWAGON『お触りマウスパッド』単品
http://www.bbwagon.com/real/products/detail.php?product_id=77

そんな感じです。
3deg | 3DEG更新関連 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

リアル彼女のフォトコンテストがいまいち盛り上がっていない件

リアル彼女 彩 フォトコンテスト
個人的には彩の造詣が一番好きです。露骨なツンデレ以外は・・・

現在「リアル彼女」のフォトコンテストが行われていますが、いまいち盛り上がっていません。あまりポーズや位置を細かく設定できないので、どれも同じような作品になってしまうんですよね・・・。どうしたものか。


ちなみにこれまでのフォトコンテストのパターンだと、優秀賞は多分王道のグラビアスナップになる気がします。とにかく綺麗な一枚を撮るように心がけた方がよさそうです。

一方「イチャずら」は第2弾がリリースされています。主人公が第2の名刺であるスーツを脱げるようになりました。

「パンツは脱いでもスーツは脱がない。なぜならオレは変態紳士だから」という派手な脳内設定が覆されたのは悲しいですが、とにかく脱げるようになりました。スーツからはとんでもない異臭がしそうです。

公式サイトのスクリーンショットは、あの阿部さんを意識しているのでしょうか。まあとにかく、次回作ではイチモツを見せ付けるというプレイを導入して欲しいところです。

そんな感じです。
3deg | 3DEG更新関連 | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

3D映画「アバター」を立体映像で観てきました

映画 アバター
立体映像は飛び出すわけではなく、奥行き感がある感じ

アバターオフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/avatar/

もう先週の話なんですが「アバター」を観てきました。既に観た人も多いと思うのですが、立体映像についてだけちょっと書きたいと思います。ちなみに普段は字幕派なのですが、立体映像にこだわって音声吹き替えで観てきました。


3Dメガネをかけて映画館で立体映像をみるのは久しぶりだったのでかなりワクワクしたのですが、結論からいうと実際はそれ程でもありませんでした・・・。

モノによっては飛び出してくるものもありましたが、全体的に奥行き感がある感じで、立体・・・ねえ・・・という感じが否めません。こと登場人物に関しては、触りたくなるとような印象は一切受けませんでした。魅力がないとかそういうことではなく、人物自体が飛び出さないのです。

もっとこう、森に囲まれたり、周囲に人がいる感じになるのかなと思ったのですが、スクリーン内部で立体3Dになっている感じでした。それでも普通の映画と比べれば臨場感は段違いですけどね。

ちなみにキャメロン監督は「昔の3Dは物が飛んでくる効果が主流で、かえって観客は映画館にいることを意識した。今回の3Dはこちらから映画の世界に入っていくための『窓』。その場にいる臨場感が味わえる」とコメントしており、飛び出さないことで映画の中に入り込みやすくしているのは意図的です。

立体映像は各地で絶賛されていますが、私はもうちょっと進化するんじゃないかなーと思っています。ここがゴールだとは思いたくありません。

最後に3D映像とストーリーについても少し。個人的には三頭身などにデフォルメされたキャラクターよりリアルな人物の3D映像が好きなので、3D技術に関しては満点です。もちろんモーションキャプチャなんですが、表情もキャプチャしていたとか。

ストーリーは恥ずかしくなるくらい王道です。ただ160分を長いと感じなかったので、引き込まれていたのかなとは思いますが・・・。大佐が好きでした。

そんな感じです。
3deg | 小ネタ | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

顔や声が18歳以上に見えない二次元キャラを『非実在青少年』と定義して規制する動き

第三章 不健全な図書類等の販売等の規制

一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を資格により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

番外その22:東京都青少年保護条例改正案全文の転載
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-cbc1.html



東京都の条例ですが・・・「非実在青少年」て。

これは絵だ!

そんな感じです。
3deg | 小ネタ | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/73PAGES | << >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS